関西初上陸のマイジム(My Gym)梅田校に入会!体験レビュー紹介!

がめ

大阪市在住の30代パパの育児ブログです。
妻(ぴよん)と子(ごま)との3人暮らし。
家族を会社に見立ててブログを書いていきます。

【総務課】
主に家のことや庶務を担当しています。
【観光課】
土日のお出かけや、旅行等について担当しています。
【育児・教育課】
ごまの育児のことや教育について担当しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

がめをフォローする
習い事
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
がめ
がめ

2歳になって、動きがダイナミックになってきたね

 

ぴよん
ぴよん

思いっきり動けるところがないわ

 

がめ
がめ

公園とかショッピングモールはどう?

 

ぴよん
ぴよん

公園は、雨の日、暑い日、寒い日がちょっと・・・
ショッピングモールは走り回らせるところじゃないし・・・

 

がめ
がめ

体操+英語の習い事があるらしいよ!

 

こんばんは、がめです。

ごまが成長し、日々どんどんできることが増えていきます。

動きも活発になり、家の中だけでは到底体力を消耗することができそうにありません。

何か、体力を使うことがないかと考えたときに、体操教室に入ることを考えました。

ちょうど大阪梅田にオープンしたリンクス梅田に、関西初上陸のマイジム(My Gym)がオープンします。

ごまは、英語のノリが大好きなので、体力を使いつつ英語も聞けるマイジムは最適かと思い入会してみました。

マイジムはオールイングリッシュで行われる、楽しく遊べる場所です

 マイジムってどんなところ?

アメリカ、カリフォルニアで誕生したマイジム。

0歳(6週)から13歳までの子どもたちの元気な身体と心を育む、全米No.1の子ども向け教育プログラムです。

基本的には、フィットネスクラブということですが、それだけに収まらず、知育プログラムとして知られているようです。

6週齢から参加できるってすごいですよね・・・

全米No.1ほど信用できないものはありませんが、東京には何校かあり、人気みたいなのでそこは安心できそうです。

マイジムは世界各地にあり、母国語で行われている場所もあるみたいですが、日本校はオールイングリッシュとなっています。

マイジムは、アメリカでNo.1の評価を受けている教育プログラムを有しているので、内容だけでも子どもにとって素晴らしいようです。

しかし、日本語でされるとその辺の体操教室以下のお遊戯所になってしまいそうですし、普通の会話もすべて英語で話してくれると、日本人にとってはそれだけでかなりのプラスになります

日本人にとっては外国のノリも、他の習い事と差別化できるところではあります。

 マイジム梅田校の基本情報

2019年11月16日(土)のリンクス梅田のオープンに合わせてオープンします。

2019年12月まではプレオープン期間で、2020年1月から本格稼働する予定です。

関西初上陸ということで、私たち夫婦もはじめて見ましたが、とても興味を惹かれる教室でした。

先に日本で開校されているところと変わらず、月齢に合わせたレッスンがあります。

最初は通常レッスンのみですが、アフタースクールや美術クラスも開講するようです。

場所はリンクス梅田の5階にあり、できたてほやほやでキレイです。

少しですが、軽食を食べるようなスペースもあるため、レッスン前後に利用することが可能です。

 マイジムのメリット・デメリット

メリット

清潔な設備で思いっきり走り回れる

フィットネスクラブへの入会ですから、これが一番の目的になると思います。

外国にありがちなカラフルな道具で、様々な運動を行うようです。

公園と違って、消毒も徹底されていますし、雨風も季節も関係なく遊べるのがいいですね。

オールイングリッシュで親子で英語を学べる

簡単な呼びかけから説明まで、すべて英語です。

本当に困ったときだけ、一瞬日本語で説明したりしてくれますが、基本的には英語のみです。

親が英語が話せない場合、少し気負いしてしまうこともありますが、そこも慣れたもんという対応をしてくれます。

インストラクターは、「先生」ではなく「プレーヤー」と呼ばれます。

ディズニーとかユニバも店員じゃないですもんね。外国はこういう客と店員の距離が近いのが好きみたいです。

英語も、勉強という感じではなく、本当にただの会話として使用されるだけですので、自然に英語を感じ取れるようになればいいな程度のものです。

そこが英語教室とは違って、いいところかもいれないなぁと思いました。

前後にリンクス梅田で遊べる

これは梅田校のみのメリットですが、最新の施設に立ち寄ることができます。

もちろんマイジムも、できたてほやほやできれいです。

レッスン前後もご飯食べたり遊んだりできるスポットに寄れるのは、親にとっても楽しい日になるでしょう。

土日にもレッスンが多数ある

子どもが幼稚園に行っていたり、親の仕事で行けない場合も土日なら参加できます。

ジャングルタイムも土日にもありますので、平日レッスンにママが連れて行って、土日はパパが行く、ということもできます。

 

がめ
がめ

父親ってなかなか子どもの習い事に顔を出すことが難しいですから、これはいいなと強く思いました

 

デメリット

教室から遠方だと通いにくい

強いて言えばというデメリットです。

レッスン日以外にも、ジャングルタイムといって、自由に参加できる時間があるのがマイジムの特徴のひとつです。

レッスン日だけだったら、少し遠方からでも通えますが、毎日となるとさすがに厳しいです。

唯一のデメリットである、月謝の高さを乗り越えるためには、ジャングルタイムに何回いけるかが勝負です(何と勝負かわからないが)。

それに参加しにくいのは、少しデメリットかなぁと思います。

月謝が高い

デメリットとしては、本当にこれだけです・・・

よくある体操教室なんかは月に1万円くらいが多いです。

英語教室も1万円くらいかかるところが多いです。

マイジムは、どちらも足したようなレッスンですが、お値段も足して月2万円します。

週1回の習い事で月2万円は高いと思います。

しかし、前述のとおり、自由に参加できるジャングルタイムという時間があり、そこに参加すれば幾分かカバーできます

梅田での子どもの遊び場としては、ボーネルンドのキドキドがありますが、そこに行くようなものですからね。

毎日は無理でも、週2,3回立ち寄ることができれば、月2万円の価値は大いにあると思います。

マイジム入会までの流れは?体験会レビュー!

 体験会に参加してみて

 

ぴよん
ぴよん

結論からいうと想像どおりでした

ノリのいい外国人たちが、踊ったり歌ったり。

ごまも、他の子も走り回ってとても楽しそうでした。

参加したのが、ヨドバシカメラ梅田の地下の小さいスペースということもあり、本教室でのもっとダイナミックな動きに期待します。

 入会を決めた理由

入会を決めたのには2つ理由があります。

1つ目は、マイジムを知るきっかけになった、運動をどこかでさせたいという希望を叶えてくれる教室だからです。

2つ目は、外人のノリがよく、ごまが楽しそうにしていたことです。

運動させるだけなら体操教室でもよかったのですが、ごまはこういったノリが好きみたいなので、すごく合っているなと感じたからです。

正直、月2万円は安くないので、かなり悩みました。

でも、子どもの笑顔には変えられませんし、運動させないと体力が余りに余ってしまって大変なので入会を決意しました。

 マイジムに期待すること

楽しく運動できることができれば、それでいいかなと思っています。

オールイングリッシュで英語の学習も期待できると謳っていますが、英語が話せるようになるとは思っていません。

あとは、マイジムが育てようとしている、積極性や挑戦心みたいなものが少しでも出ればいいかな程度です。

3か月後には、思いが変わっているかもしれませんが、早く通えるようになるのが楽しみです。