インターナショナルプリスクールに1年通って感じた英語力と日本語力の学習修得度について

がめ

大阪市福島区在住の30代パパ(がめ)の育児ブログです。

60㎡代のマンション(ぴよんキャッスル)を購入し、
妻(ぴよん)と息子(ごま)と娘(フィグ)の4人暮らし。

家族を会社に見立ててブログを書いていきます。

【総務課】
主に家のことや庶務を担当しています。
【観光課】
土日のお出かけや、旅行等について担当しています。
【育児・教育課】
ごまの育児のことや教育について担当しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

がめをフォローする
幼稚園
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

インターナショナルプリスクールに通って、年少さんの1年を過ぎました。

以前、3か月通った際の感想もまとめてありますが、どのくらい変化があったかまとめておきたいと思います。

 

インターナショナルプリスクールに3カ月通って感じた英語力と日本語力の学習修得度について
インターナショナルプリスクールってどんなところ? ここでいうインターナショナルプリスクールとは、主に英語を母国語としていない日本人向けの保育施設のことを指しています。 いわゆる認可外保育施設になりますので、費用が高い代わりに自由な教...

 

インターナショナルプリスクールに通って感じた語学習得度

年少時の1年通ったのですが、会話は日本語では完全に理解しています。

普通の保育園、幼稚園に行っている子と全く変わらないでしょう。

英語では、先生の言っていることはだいたい理解しているようですが、英語で完璧に伝えることは難しいようです。

また、アニメの英語版も、見てだいたい理解してそうですが、そこまで好きではありません。

日本語で観ることを希望してきます。

 

そして文字を書くのは、日本語英語かかわらず苦手なようです。

ひらがな、アルファベット問わずそこまで書けないため、もともと苦手な分野だと思われます。

 

数字に関しては、日本語英語かかわらず得意なようです。

足し算引き算はできますし、数字は日本語でも英語でも100までは数えられます。

お買い物ごっこを英語でしても、しっかりやりとりできるので、会話と数字はできるようです。

 

まとめ

 

英語の学習修得度

いいところ

英単語はどんどん覚えていっています。

親が知らないような単語も知っているため、クラスとか絵本とかで覚えているようです。

あと、ジェスチャーが外人っぽく、動作が大きい気がします(笑)

わるいところ

長文を話して、英語で説明するまではできません。

英単語はわかるが、日本語でなんというかわからないものがでてきました。

 

日本語の学習修得度

いいところ

一般的な保育園児と習得度としてはなんら変わらないと思います。

どこで覚えてきたんだ?ということも発言します。

わるいところ

とくにありません。

・語学以外のところ

日本の幼稚園で教えてもらうようなことを、きちんと教えてくださっているように感じます。

ごまの特性により、できていないことが増えてきましたが、スクールのせいではなさそうです。

そこはしっかりと親が教えていかないといけないと感じます。

英語の学習に関してももちろん、家庭での学習(ワークも会話も)も重要なため、そこをもっと親がしっかりしないといけないと感じました。

年中となり、いつ英語力が爆発するかわかりませんので、引き続き通っていけたらと考えています。