インターナショナルプリスクールに3カ月通って感じた英語力と日本語力の学習修得度について

がめ

大阪市在住の30代パパの育児ブログです。
妻(ぴよん)と子(ごま)との3人暮らし。
家族を会社に見立ててブログを書いていきます。

【総務課】
主に家のことや庶務を担当しています。
【観光課】
土日のお出かけや、旅行等について担当しています。
【育児・教育課】
ごまの育児のことや教育について担当しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

がめをフォローする
幼稚園
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

インターナショナルプリスクールってどんなところ?

ここでいうインターナショナルプリスクールとは、主に英語を母国語としていない日本人向けの保育施設のことを指しています。

いわゆる認可外保育施設になりますので、費用が高い代わりに自由な教育が可能となっています。

インターナショナルプリスクールでは英語の習得だけでなく、英語圏の生活を再現しているのが特徴です。

基礎学習や運動に加えて、集団行動の大切さやマナーを守ることなどの、生活する上で重要なことも教育してくれます。

また、英会話を「学ぶ」という意識ではなく、「生活の一部にする」といった感覚で行い、自然な言語習得ができる環境となっています。

インターナショナルプリスクールと普通の幼稚園・保育園との違い(メリット・デメリット)

 メリット

英語を自然に感じられる

英語を学習するだけですと、英会話教室にいけばいいのですが、何気ない会話が英語で行われていることにより自然に英語を感じ取れます。

外国人の先生も多いため、日本人がなりがちな話すときに臆することもなくなります。

日本の学校で教わる英語って、何気ない会話をするのが難しい気がします。

そういった、簡単だけどこういうときはこういう感じで言っているって肌で感じられるのは最大のメリットかと思います。

プリスクールを卒園して、普通の公立小学校に進学するとすぐに話せなくなると聞きますが、このとき培った感覚が少しは役に立つのかなと思っています。

子どもの安全が守られる

これは意外かもですが、インターナショナルプリスクールは高額な分、先生の数が多く、手厚い保育が行われています

インター特有というよりは、認可外保育園のメリットかもしれません。

認可されている園とは異なり、その園の特色が色濃くでますので、こういった子どもの安全という親が最も心配するところが保証されているのは魅力的だと感じています。

 デメリット

料金が高額である

デメリットは本当にこれに尽きます。

安ければインターに入れたい、という人も多いかと思います。

ただし、普通の認可保育園や幼稚園に入れていたとして、習い事をいくつか習っているとそこそこ同額に近づいてきます

インターの場合、英語の習い事を週5で通わせているのと同義ですので、そう考えると仕方のない料金かなとも思います。

前述の先生の数も多いので、その点でもどうしても高額になっていくと思われます。

休みが多い

これは園によるかもしれませんが、基本的に休みが多い気がします。

土日祝はまぁ仕方ないとしても、夏休み冬休みも長い気がします。

これも保育園と比べたらそう感じるだけで、幼稚園とは同じくらいかもしれません。

インターナショナルプリスクールに通って感じた語学習得度

 英語の学習修得度

いいところ

最初の1か月は、全く英語の単語は会話に出てきませんでした。

先生にも、恥ずかしいのか園では無口です、と言われるほど。

家ではずっとしゃべってるんですけどね。日本語でですけど。

 

 

変化があったのは1か月過ぎたころ、ふとしたことが英語で出てくる程度にはなっています。

動物の名前を英語で言ったり、どれがいい?って聞いたらthis oneって答えたりとか。

いやいやもNo,Noと言ったりします。

日本語も年齢のとおりくらいは話せているので、どっちつかずになっているという印象はありません。

 

わるいところ

発音が良すぎて(Nativeの真似っこなので)聞き取れない単語もしばしば。

まだ文章ではなく単語だけなので、より判断が難しいです。

 日本語の学習修得度

特に普通の子たちと比べて、拙いと感じたことはありません。

変わったところというと、たまにルー語(日本語と英語が混じった文章)になるくらいでしょうか。

 

まとめ

3カ月程度では、英語がペラペラになることなどもちろんありません。

しかし、良い発音での英単語が口から出てくるだけで、すごいなとは思います。

すぐに忘れてしまうかもしれませんが、幼少期の経験は、代えがたいものになると信じて、今後も楽しく通ってくれればと思います。