【パリ挙式】これから海外結婚式をする人のために【最高の思い出】

がめ

大阪市在住の30代パパの育児ブログです。
妻(ぴよん)と子(ごま)との3人暮らし。
家族を会社に見立ててブログを書いていきます。

【総務課】
主に家のことや庶務を担当しています。
【観光課】
土日のお出かけや、旅行等について担当しています。
【育児・教育課】
ごまの育児のことや教育について担当しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

がめをフォローする
海外旅行
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では、海外挙式って実際どうなの?トレンドは?

といった疑問に答えつつ、私たちがなぜ海外挙式、しかもなぜ海外の中でも、パリを選んだのかを書きたいと思います。

詳細な紹介は、各記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

私たちは、2015年10月に、パリで結婚式をしました。

2人だけの小さな挙式でしたが、最高の結婚式でした。

 

これから海外(特にフランス・パリ)結婚する、あなたの参考になればと書かせてもらいます。

 

パリ挙式紹介の記事が長くなってしまいましたので、5つにまとめました。

【随時更新予定】

できる限り、ただの日記にならないように、海外挙式を検討している方の参考になるように書きました。

実際の体験談は、項目ごとに分けましたので上記の記事を参照してください。

海外挙式って実際どうなの?トレンドは?

リクルートの展開しているゼクシィがいろいろアンケート調査をしており、公開しているので参考になります。

ほとんどの人が結婚するならゼクシィ!と思うくらいなので、アンケート調査も信頼性が高いものとなっています。

以下は、「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」から抜粋したものをもとに、実際に海外挙式をした私が感じたことを書いています。

海外挙式の検討・実施状況は?多くの人が検討はしても、実際には行わない!

海外挙式の検討・実施状況を尋ねたところ、「実際に海外で挙式をした」人は7%で、「具体的に検討したが行わなかった」(3%)、「少しは検討したが行わなかった」(25%)を合わせ、「検討者・計」は35%であった。

海外挙式を検討したが実施しなかった人に対して、海外挙式を検討する際に、問合せや資料請求、訪問等をしたかを尋ねたところ、「インターネットで検索した」が46%で最も高く、「情報誌を読んだ」が36%、「資料請求した」が15%で続く。

海外挙式を実施しなかった理由を尋ねたところ、「多くの列席者を招待したかったため」が40%で最も高く、次いで「出席者の体力的な負担を考えて」が39%、「出席者の金銭的な負担を考えて」が27%で続く。

ゼクシィ結婚トレンド調査2018より抜粋

 

結果からわかるように、検討したけど実際は挙式を行っていない方が28%もいます

実施しなかった理由としては、出席者のことを考えてがほとんどですね。

私たちも、パリの挙式は、検討段階では両親に来てもらうつもりでしたが、結局は、2人だけの挙式になりました。

 

せっかくの晴れの舞台ですし、両親・友人に見てもらいたいのは当然です。

 

ですので、私たちも、パリ挙式とは別に、いわゆる1.5次会として、国内でも披露パーティを行いました

2回やるのが手間と思うかもしれませんが、海外での挙式は、ハネムーンに付随したものなので、そこまで手間ではありませんでした。

 

挙式代としては、+で10万円ほど、あとはドレス代と写真撮影代がかかってきます。

ハネムーンはそのまま海外でできますので、少し足すだけで可能かと思います。

ただし、海外で2人で挙式する場合は、ご祝儀がいただけません

そのため、かかった費用は全額負担になります。

ご祝儀を当てにするのはどうかと思いますが、実際この違いは大きいなと思いました。

海外挙式のトレンドは?ハネムーンはどこに行く?ハワイが今も昔も1位です!

海外挙式実施者に対して、実施した地域・国を尋ねたところ、「ハワイ」が68%で最も高い。次いで「グアム」が13%で続く。「アジア」は7.1%、「ヨーロッパ」は5.4%。

新婚旅行の旅行先を尋ねたところ、「ハワイ」が33%で最も高く、次いで「ヨーロッパ」が15%で続き、「海外・計」は80%であった。日本国内では「沖縄周辺」が9%で、「日本国内・計」は20%であった。

ゼクシィ結婚トレンド調査2018より抜粋

海外挙式も新婚旅行も、ハワイが1位という結果になりました。

海外挙式は、68%とダントツでハワイが1位ですね。

新婚旅行では、2位に15%でヨーロッパが来ますが、海外挙式では5.4%まで下がってしまいます。

この結果から、ヨーロッパに旅行はしたいけど、挙式するにはハードルが高い、ということが見て取れます。

実際に、ハワイの挙式を調べると、専用のプロデュース会社や、経験談が多数ヒットしますが、ヨーロッパとなるとほとんどありません。

大手が、ハワイと一緒に紹介はしていますが、力を入れているようには見えません。

私たちが検討したときも、ヨーロッパ専門で挙式をプロデュースしてくれるのは、2社しかありませんでした

(実際はたくさんあると思うのですが、私たちが行けそうな場所にあり、問い合わせにきちんと答えてくれたのが1社でした)

今でも、パリで挙式となると、そこまで多くのページがヒットしませんので、調べる段階で壁があり、断念してしまうこともありそうです。

ここを見てくれている、あなたが、最高のヨーロッパ挙式を挙げられますようにと祈っております。

もし、ご必要であれば、別の記事に詳細を書いていますので、ご覧ください。

【随時更新予定】