2歳児にカメラのプレゼント!子ども用カメラは使いやすく落として壊れないものがおすすめ!

がめ

大阪市在住の30代パパの育児ブログです。
妻(ぴよん)と子(ごま)との3人暮らし。
家族を会社に見立ててブログを書いていきます。

【総務課】
主に家のことや庶務を担当しています。
【観光課】
土日のお出かけや、旅行等について担当しています。
【育児・教育課】
ごまの育児のことや教育について担当しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

がめをフォローする
知育グッズ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

子どもへのプレゼントは、どのようなものにするか悩みますよね。

小学生くらいになれば自分で好きなものが出てくるし、はっきり言えるので考えることが減るかもしれません。

しかし、小さいときは自分の意志で選べませんし、しゃべれるようになっても、おもちゃ全般欲しがります。

親としては図鑑とかもプレゼントしたいですが、字が読めないし、そもそも図鑑自体に興味を示さないことも多いようです。

 

そこで今回は2歳児(3歳児)へのプレゼントとして、カメラを考えてみました。

少し早いかなと思いましたが、スマホでの写真が日常化している現代では、カメラはとても身近な存在です。

スマホでの撮影にピースをしたり、写真を見たがったりしますし、撮りたがるときもあります。

スマホを与えるのは早すぎるので、カメラをプレゼントして子どもの目線での写真が残せたら面白いかなと思い、あげました。

ただし、大人が使用するカメラだとすぐに壊れそうだったため、子ども用のカメラの購入をしました。

おすすめの子ども用カメラも後述しますので、ぜひご覧ください。

 

子ども用カメラをプレゼント!大人のデジタルカメラとの違いは?

 

ごま
ごま

子どもだって撮りたいもん

 普通の大人が使用するデジタルカメラとの違い

一番の違いは、カメラ本体が小さく手に収まりやすい形であることです。

他には、見た目が可愛かったり、シンプルで壊れにくいというのもあります。

大人用のデジカメでも安いものはたくさんありますし、5歳くらいになれば普通に使えるので、そっちの方がいいかとも思います。

しかし、後述のメリットもありますので、やはり子ども用の方が、手になじみ、使いやすいようにできています。

 子ども用カメラのメリット・デメリット

操作がシンプルで簡単

電源を入れて、撮影する。

それだけなのですが、普通のデジカメと違って子ども用カメラは、ボタンが大きく押しやすいです。

 

写真を誰かに撮ってもらうときとか、大人でもどこをどうしたら撮れる?となり、なかなか操作が難しい場合もあります。

そうならないように、ボタンは極力少なくし、大きく押しやすいような工夫がされているのがいいところですね。

落としても壊れにくい

スマホのソフトカバーのようなシリコンカバーが最初からついています。

スマホと違って、カメラの形がいろいろとあり、カバーを後から探すのは非常に困難です。

ケースはありますが、それだと結局ケースから出したあとに落としてしまったら壊れてしまいます。

当然、首からかけたりできる紐もついてはいますが、子どもは用心に越したことはないので、カバーはとても重要です。

見た目がかわいい

前述のシリコンカバーが、カラフルなものや、動物とかになっているものが多く、見た目かわいいです。

普通のデジカメだと、本当に普通のカメラなので(安いものは特に)子どもが持つには可愛くないです。

ただし、大人と同じようなものが持ちたい!となる子どもがいるのも事実なので、そういった場合は向かないかもしれません。

解像度(画素数)がよくない

一昔前に比べれば、十分な画素数はあります。

写真としてまったく見れないというものでもないですが、価格のわりに画素数がよくないなぁと思うかもしれません。

その分、上記のような機能に振られているのかと思います。

どうしても高画質がいい場合は、価格は高くなりますが、高機能版があるシリーズを買うと解決します。

高価である

画素数の話にもつながりますが、価格のわりに画質が悪いかな、とは思ってしまうかもしれません。

ポンっとプレゼントするにしては、少し高価です。

カメラとして考えれば高くはないのですが、思ったより高いと感じる人もいるかと思います。

 

2歳児が本当にカメラ撮影できる?3歳児なったら?

 

ごま
ごま

はい、チーズ!

 プレゼントへの反応

2歳のとき(3歳になる少し前)にプレゼントしましたが、とても喜んでいました。

自分のカメラが手に入ったと理解し、とても嬉しかったようです。

結構いろいろな時に撮りたがるし、外出時に持っていくということも多いです。

買ってよかったと思いました。

 2歳児のとき

最初に自分で撮った写真は地面です(笑)

最初は、電源を入れるのが難しかったようです。

ただし、一度覚えてしまえば、パシャパシャ撮っていました。

おもちゃ撮ったりもしています。

メモリーカードの容量が多くないので、すぐにいっぱいになってしまい、撮れない~と言っているときもしばしばありました。

 3歳児のとき

ぶれずに撮れるようになってきました。

適当に撮るのではなく、被写体(おもちゃとか)を撮りたいと思ってカメラを向けることも増えてきました。

カメラの機能にある、スタンプ?機能も使えるようになりました。

おすすめの子ども用カメラ

 【重要】海賊版に騙されないで!

子ども用カメラは店頭で販売している場所も少ないため、ネットで購入される方が多いかと思います。

しかし、なんでも海賊版がある時代です。

子ども向けカメラにも海賊版があり、騙されないようにしないとなと思いました。

 

海賊版の特徴

価格が通常の相場よりかなり安い
画素数が低く、画質が悪い
カメラ本体の質が悪く、壊れやすい

 

1つ目の特徴がありますので、購入時は注意が必要です。

公式ホームページから購入するか、よくわかるお店(ヨドバシカメラとか)で購入するのがいいかと思います。

2つ目、3つ目の特徴は、購入後しかわかりませんので、絶対に海賊版は買わないようにしましょう。

ちなみに、販売時の写真やスペック説明は本物と同様のものを使っているので、見分けるのはとても困難です。

 VisionKids HappiCAMU(ハピカム)

かわいいおもちゃのようなデザインです。

小さなお子様でも楽しみながら使用できます。

アマゾンの売上ランキング上では1位でした。

機能の違いによって数種類あり、高画質のものだと1万5千円ほど。

一番、機能がシンプルなもので7千円ほどになります。

 MAXEVIS

お子様の手にしっかり収まるコンパクトなキッズカメラ。

ヨドバシカメラの売上ランキング上では1位でした。

 myFirstCameraIII

シンガポール発のキッズ向け家電を作っている会社のキッズカメラです。

小さなお子様向けに最適化されたデザインと操作性があります。

高画質なものでも安価で手に入り、あくまでもおもちゃではなく「家電」と謳っているように機能が充実しています。

公式ホームページから購入できるのも、とても魅力的です(海賊版を掴む可能性がない)。

公式ホームページ

実際に購入したカメラ

myFirstCameraIIIのカメラにしました。

かわいい見た目で、価格もそこそこのものがあったためです。

また、実機がヨドバシカメラにも置いてありました。

公式ホームページから購入が可能だったため、海賊版の心配がないことが決め手になりました。

GPSキッズ携帯、キッズカメラなどのご購入は【Oaxis Japan】

画質もよく操作性もシンプルで使いやすいため、思う存分写真を撮ることができます。

子どももとても喜んでおり、購入してしばらく経ちますが、思い出したかのようにたまに撮影したりしています。

買ってよかった、プレゼントしてよかったなと思える商品でしたので、プレゼントとしてかなりおすすめできます。