【2020】シルバニアファミリー展覧会in明石に参加してきた

がめ

大阪市在住の30代パパの育児ブログです。
妻(ぴよん)と子(ごま)との3人暮らし。
家族を会社に見立ててブログを書いていきます。

【総務課】
主に家のことや庶務を担当しています。
【観光課】
土日のお出かけや、旅行等について担当しています。
【育児・教育課】
ごまの育児のことや教育について担当しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

がめをフォローする
国内お出かけ(近場)
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
ぴよん
ぴよん

遅ればせながら、シルバニアファミリーにハマってしまったぴよん

はじめるにあたって、形から入るためシルバニアファミリー展に行ってきました。

説明会が予約制であるということで、その日を狙って申し込みました。

シルバニアファミリー展覧会ってどういったもの?

 シルバニアファミリー35年間の軌跡をたどる展覧会

1985年、たったひとつのお家と11種類の家具、9つのファミリーからスタートしたシルバニアファミリー。

それから楽しいお家が増え、お店もでき、いろいろなファミリーが加わり、世界はどんどん広がっていきました。

現在も国や世代を超え、たくさんの人たちに愛され続けています。

本展は、シルバニアファミリー35年間の軌跡をたどるものです。

会場には、これまでに登場した1,000種類以上のアーカイブがあふれ、シルバニア村を再現した大型ジオラマや、ドールハウス作家たちの作品も特別展示します。

豊かな自然の中で、愛に満ちた家族の暮らしを繰り広げるシルバニアファミリーの心温まる素敵な世界をお楽しみください。

公式ホームページより抜粋

今までのグッズの博物館的なイベントですね。

それプラス、ドールハウス作家さんがつくられた作品を観られる形になってます。

 シルバニアファミリーの基本情報

観覧料 当日券:大人 1,000円、大高生 700円、中学生以下無料

開催場所 明石市立文化博物館 1階特別展示室及び2階ギャラリー

休館日 【開館時間】9時30分~18時30分(入館は18時まで) 会期中無休

問い合わせ 明石市立文化博物館(電話:078-918-5400)

 

明石市立文化博物館は、明石駅より徒歩5分となっています。

車で行った場合は、有料の駐車場がありますが、1時間100円とお安いので気兼ねなく観覧することができます。

 シルバニアファミリー展覧会での開催イベント

展示期間中は会場内の写真撮影が可能です。

これは、ありがたい。

写真に残して、自分たちの世界をつくる参考にしたいと思います。

 

■ミュージアムトーク シルバニアファミリーのことをもっと知ろう!《要観覧券・要申込み》(申込期間は終了しています。)

展覧会の内容を学芸員が紹介します。シルバニアファミリーのこと、もっと知ってみませんか?

今回、これを申し込み、日程を合わせていきました。

お話としては、学芸員さんが、シルバニアファミリーの歴史についてお話くださいました。

歴史を知ることで、より深く楽しんでいけること間違いなしです。

他には、写真撮影のしかたや、SNSにアップした方がいいよーというお話が主でした。

 

アップで撮ると、上手に見えるとのこと。そしてシルバニアファミリーのキャラクター目線になることで、よりリアリティが増すとのことでした。

 

■シルバニアファミリーを撮って送ろう!《応募制》

こちらは随時開催中です。

実際に、行ったときも飾られていました。

みなさんいろいろなシチュエーションで撮られていて、シルバニア楽しんでるなぁというのが伝わってきました。

 

シルバニアファミリー展覧会ってこんな感じでした!

 これまでの歴史

今まで全く関わってこなかったため、懐かしーとかはなく、すごいなーと思う程度でした。

こうやってみると、世の中の変化に対応して、シルバニアの世界もすごい速さで進化しています

最初せんたく板だったのに、今やドラム式の洗濯機使ってますし・・・

 篠原ともえ作品

2019年の展覧会でも大人気だったような篠原ともえさんの作品が2020年にもあります。

撮影OKですし、他とは少し違ったテイストでよかったと思います。

後述の四季の作品や、シルバニア村の再現も、とても広大ですごいなーと思いましたが、篠原ともえさんの作品はシンプルで小さいながらもこだわりというかテーマがしっかりしていたすばらしいなと思いました。

 

 シルバニア村、四季

ドールハウス作家さんとエポック社の作品です。

これでもかとシルバニアファミリーを表現しております。

これを見ると、確かに商品をいっぱい買って並べるとかわいいんだけど、余白やほかの部分もこだわると楽しそうだなぁと思いました。

地面とかだけでも結構変わるなぁと思って、想像するのは楽しいけど、実際やるのは大変だろうなぁと思わされました。

 

まだまだうちには少数のシルバニアしか来てませんが、これから少しずつ増員・増築していって楽しんでいきたいと思います。