【妊活】安い海外製の排卵検査薬ドクターズチョイス・DAVID・WONDFOを実際に使用し比較してみた!【産み分け】

がめ

大阪市在住の30代パパの育児ブログです。
妻(ぴよん)と子(ごま)との3人暮らし。
家族を会社に見立ててブログを書いていきます。

【総務課】
主に家のことや庶務を担当しています。
【観光課】
土日のお出かけや、旅行等について担当しています。
【育児・教育課】
ごまの育児のことや教育について担当しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

がめをフォローする
妊活
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

排卵検査薬ですが、各社から様々な商品が売られています。

最近は、テレビCMでも流れているので、メジャーな商品になりつつあるのかなと思います。

 

以前、格安排卵検査薬としてドクターズチョイスを買ったときの記事になります。

 

【産み分け】排卵検査薬ドクターズチョイスを3か月使用!【妊活】
ぴよん ドクターズチョイスを3か月使ってみたの がめ 安いからバンバン使えていいけど、正しいかどうか判断が難しいね ぴよん 基...

 

今回は、ドクターズチョイスが少し値上げされたため、他に安い排卵検査薬がないか調べました。

2ついいものがありましたので、実際に購入して試してみました。

 

 

結論から言うと、3社とも大差ありません。

多少の見やすさの違いはあれど、慣れればどれも同じ感度で同じように使用できるかと思います。

詳しく見ていきます。

 

格安海外製の排卵検査薬を3社比べてみました

 

 国内製と海外製の違い

ずばり価格です!

国内製は1本400円くらいしますが、海外製は1本100円を切ります。

国内製は、病院でも使われており、信頼性が高く、ロット間の差がないと思われます。

比べて海外製は、カバーもないですし、信頼性が少し不安ですが、圧倒的に安いです。

 

信頼性が不安といっても、これまで200本以上使ってきましたが、不良品はありませんでしたし、結果がおかしかったこともなかったです。

むしろ、結果が予想と違った場合、安いので何回もテストすることができて安心できました。

国内製のものと比較したときも、同様の結果が確認できました。

また、病院でチェックしていただいたときも、同様の結果が出ましたので不安は解消されました。

 

 格安排卵検査薬3社の違い

今回試したのは、ドクターズチョイス・DAVID・WONDFOという3つの検査試薬です。

簡単に説明しますが、どれも精度としては変わらないと感じました。

 

感度は、数字が低い方が高いです。

国内製で有名な「ドゥーテスト」は感度:30mIU/mLですので、海外製はどれも感度が高いということになります。

サイトによっては、DAVIDは感度が低い、WONDFOは感度が高い、ホルモンの出方によって使い分けますという記事がありますが、間違いです。

感度という点からいうと同等ですので、検査試薬の見方が間違っており、判定ミスをしているのだと思います。

 

ドクターズチョイス

アメリカ製

50本 5,400円

送料840円 1万円以上で無料

感度:20mIU/mL

DAVID

カナダ製(中国語)

55本 2,880円

送料無料 船便?で到着まで時間がかかります。

感度:25mIU/mL

 

WONDFO

中国製

55本 2,830円

送料無料 船便?で到着まで時間がかかります。

感度:25mIU/mL

 

排卵検査薬は補助検査であることを痛感

信頼性は、海外製の安いものでも確かなことはわかりました。

しかし、排卵検査薬自体が、あくまで補助検査であることを理解しなければなりません。

 

排卵検査薬は、排卵直前になるとLHというホルモンが上昇することを利用して、排卵日を予測する検査です。

しかし、そもそもそのホルモン上昇に個人差があったり、周期で差が出てきてしまいます。

ですので、ドンピシャの排卵日を確定することは困難ですし、本当に排卵したかどうか確認することもできません。

やはりそこは、病院で実際に卵胞チェックを行い、排卵したかどうかを見てもらう必要があります。

 

まとめます。

排卵検査薬は、国内製と海外製があるが、検査の信頼性は変わらない。
国内製と海外製では4倍以上の価格差がある。
検査の信頼性はかなり高いが、実際に排卵したかどうかは確実ではない。

 

 

個人で簡単にできるチェック法としては、かなりいい方法です。

病院に行くほどでは・・・という方にとっては最高の方法ですので、試して損はないかと思います。