モンテッソーリ教育の親子教室に置いてあった教具一覧まとめ

がめ

大阪市在住の30代パパの育児ブログです。
妻(ぴよん)と子(ごま)との3人暮らし。
家族を会社に見立ててブログを書いていきます。

【総務課】
主に家のことや庶務を担当しています。
【観光課】
土日のお出かけや、旅行等について担当しています。
【育児・教育課】
ごまの育児のことや教育について担当しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

がめをフォローする
モンテッソーリ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
ぴよん
ぴよん

並んで勝ち取った親子教室にいよいよ参加するわ

がめ
がめ

待ちに待った親子教室だね

ぴよん
ぴよん

1時間以上並んで、数か月は待ったんだから楽しいハズよ

がめ
がめ

どんな教具が置いてあるか見てきてねー

こんばんは、がめです。

おうちモンテをはじめて、早半年ほどが経過しそうです。

新しい教具をつくろうにも、なかなかの大変さに手が動かない状態が続いています。

今回は、モンテッソーリ教育を行っている幼稚園の親子教室に参加し、どんな教具が使われているか見てきましたのでご紹介いたします。

見てきた教具の中で、おうちモンテで使えそうなものは、DIYして試してみようと思っています!

親子教室には15種類以上のなモンテッソーリ教具が置いてあった!

実際に置いてあった教具(じゃないものもありますが)をご紹介します。

置き方としては、モンテッソーリの教具棚がずらっと並んでおり、そこに教具も並んでいました。

いくつかは、すでにテーブルに置かれているものもありました。

1個取ってきたら、1個しまうように指導されていました

では、教具の紹介をしていきます。

名前は、私がめが、適当に考えた名前なので正式名称ではございません。

実際に使っていない教具もありますので、使い方が間違っているかもしれません。

金魚すくい

金属製ののおたまで、ゴム製の金魚をすくう。

すくった金魚は、お皿に乗せる。

フェルトでボタン留め

スナップボタンとプラスチックボタンが、フェルトに縫い付けられており、それを留める練習をします。

型はめパズル

くま・うさぎの形の木製型はめパズル。

よく市販で売っているものと同様でした。

うちでも使っており、1歳半になるころに、難なくできていました。

コーヒーのミルひき

本物のミルひき。

ぐるぐるとハンドルを回すことができるのと、実際に豆を挽いた場合、コーヒーの香りで嗅覚が刺激されるのがいいみたいです。

1歳半が使うには、パワーもないですし、実際の豆を挽くのはしなさそうでした。

鏡の拭き取り

小さな鏡、霧吹き、ワイパー、布巾が置かれていました。

霧吹きで水をかけて、それを布巾で拭いたり、ワイパーで水をきったりして、お仕事するようになっていました。

シュレッダー

本物の手動シュレッダーです。

ミルひきと同様に、ぐるぐるハンドルを回すことができるので、回す運動になります。

豆を挽くのと違い、紙だけでできるため、準備と片付けが簡単なのがよさそうです。

木のままごと

木製のおままごとセットが置かれていました。

モンテッソーリでは、本物を使用するのが特徴ですが、まだ1歳半や2歳くらいだと、実際の包丁は危ないので木製で。

これは、市販のものでした。

以前もご紹介しましたが、うちでも使っており、キッチンはIKEAで購入しています。

IKEAのおままごとキッチンのアレンジを楽しむ!野菜も木製に!
ぴよん おままごとのキッチンが欲しいわ がめ かわいいのから本格的なものまであるね ぴよん IKEAのが人気らしいわ ...

ハサミでちょきちょき

本物のハサミです。

紙が一緒に置いてあり、切る練習をするようでした。

シール貼り

シールとノートが置いてあり、シール貼りができるようになっていました。

これも、市販のものがたくさんあるので、それを利用できそうです。

ビー玉運び

ビー玉と、容器が3個ほど置かれており、ビー玉を各容器で入れ替えるようになっていました。

ビー玉を運ぶのに道具を使うことはなく、手で移動するようになっていました。

宝石運び

ビー玉運びと同様ですが、ゲームセンターなどによくあるキラキラした宝石を容器で入れ替えます。

ビー玉より、転がらない分、難易度は低くなりますが、色があるので、色分けや形で分けると難易度は高くなります。

S字フックかけ

ワイヤーラックに、ひたすらS字フックをかけるようになっていました。

単純ですが、子どもは夢中になって行っていました。

S字フックに色分けがされていたりすると、どこにどのS字フックをかけるかわかっていいかもしれません。

リングツリーストラップ

300均とかでよく見るリングツリーが置いてあり、そこにストラップをつけるという教具です。

以外と細かい作業が必要ですし、リングツリーも倒れやすいため、子どもには繊細な動きが求められます。

簡単におうちでも作れそうですし、指先の動きにも良さそうなので気になる教具でした。

カラフルピン刺し

木に穴があいており、色も塗っています。

その色に対応した、カラフルなピンがあり、それを刺していきます。

木のレール

木製の電車遊びです。

これも市販のおもちゃでよく見るものです。

うちも、ちょうど乗り物に興味が出てきたので、購入を考えている道具ですね。

 

おもちゃは、これ以外にもたくさんありましたが、どれも木製でした。

電車や車、野菜など、本物の代わりになるものが多かったです。

親子教室に置いてあったすべての教具の紹介でした。

 

赤い棒とかピンクタワーとか、そういう大がかりなTHE モンテッソーリ教具を期待していたのですが、ありませんでした。

ぴよん
ぴよん

もしかしたら、もう少し先の回か、幼稚園では出てくるのかもしれません

モンテッソーリ幼稚園の親子教室の感想

すべて場所が決まっており、ひとつずつ出すのは、モンテッソーリぽいなと思いました。

 

しかし、先生は基本的に何もしないため、親がずっと見ていなければなりません。

 

親子教室って、もっと先生と何かをする、と想像していただけに、これは疲れました。

 

教具も、1歳半から参加できる教室ですので、少し大きい子からスタートするようなもの(文字とか数とかに関係するもの?)はありませんでした

つまりは、THE モンテッソーリ!というような教具はほとんどありませんで、そこも残念ポイントでした。

モンテッソーリ教育を実際に行っている幼稚園ということで、ハードルが上がりすぎていたのかもしれませんが、少し物足りない結果となりました。

 

家が遠いこともあり、この親子教室に通うためにすごく並びましたが、今後は参加を見送る予定です。

家が近かったら、教具もたくさんあるし、友達もできるでしょうから、いい親子教室かなと思います。

幼稚園も通えたらいいんでしょうが、通園バスの範囲外っぽいので、そこも冷めてしまった原因かもしれません。

モンテッソーリ教育自体に冷めたわけではないので、これからもすきを見て、おうちモンテに取り組みたいと思います。

がめ
がめ

まずは、今のごまの年齢に合った教具を作成していくことからですね!